管理会計担当者の コンピテンシーフレークワーク

欧米には管理会計担当者の協会がいくつかある。 CGMAとIMAは、コンピテンシーフレームワークと言って、管理会計担当者に必要なスキルとそのレベルを規定している。事業の業績目標達成と意思決定支援をするにあたり、なにが必要かを規定していることはよいことだ。私が勤務したP&Gには15年くらい前からこれがあったと思う。Associate Directorと呼ばれる部長レベルになるには、既定のスキルをすべてAdvanced以上にすべきとなっていた。達していない場合は、異動で実際にそのスキルを担当する部署に行くなり、勉強して習得するなりする。昇進、異動、研修の必要性などが、これによって計画されていた。のちほど務めたケロッグのファイナンス部門には、P&Gから来た人が多く、それにならってコンピテンシーフレームワークが作成された。

The CGMA Competency Framework (2019 edition)  は、今年新しくなったそうだ。Technical skills, Business skills and People skillsが新しくなったそうだ。 Leadership skills は変わらず。Digital Skills が新たに加えられた。

IMAも、IMA Management Accounting Competency Framework として、同様のフレームワークを新しくした。こちらは、次の6つのコンピテンシーに大別している。Strategy, Planning & Performance、Reporting & Control、Technology & Analytics、Business Acumen & Operations、Leadership、Professional Ethics & Values

似てはいるが、これから比べてみたい。