講演、インタビューの内容を掲載していただいています。 専門雑誌に記事を書かせていただくこともあります。

雑誌・Web掲載歴(最近のものから)

2021年

2021年9月、日本原価計算研究学会の学会誌である「原価計算研究 2021 Vol.45 No.2」に「管理会計担当者のビジネスパートナーとしての役割・知識・スキルと組織業績への貢献知覚」という論文が掲載されました。紙の媒体ですので、ご関心のある方はお問合せ欄からお問い合わせください。

2021年4月、中央経済社の「企業会計5月号」に論文が掲載されました。日本CFO協会FP&Aプロジェクトリーダーの石橋善一郎さんの4回連載に続く5回目を担当しました。日本版FP&Aの夜が明け始めている事例を紹介します。経営企画がFP&Aになるケース、経理部がFP&Aになるケース、事業企画・事業経理が統合して事業FP&Aビジネスパートナーになるケース。日本企業の良いところは残し、米国企業の良いところを取り込んでそれぞれの改革を始めています。FP&Aビジネスパートナーが意思決定の質を高めると業績が上がります。また、欧米企業でFP&Aビジネスパートナーが生まれたきっかけはなにか?日本企業ではどのようにビジネスパートナー化が進むのか?を問いかけます。

2021年3月、青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科後期博士課程の紀要である研究年報に論文が掲載されました。「管理会計担当者のビジネスパートナーとしての役割変化を促進または阻害する要因」について、海外の文献を調べ、そのような要因が日本でも起こるのか、起きたら日本企業の管理会計担当者もビジネスパートナーとしての役割に変化するのか?を考察しました。

2021年2月、中央経済社の「企業会計3月号」に論文が掲載されました。④営業部門のパートナーとして売上向上に貢献する経理とは? 欧米企業のCFO部門に属するFP&A(Financial Planning & Analysis)は、事業部門・機能部門のビジネスパートナーとして業績目標達成と意思決定を支援する会計プロフェッショナルである。本稿では営業部門を支援するFP&Aである「セールスファイナンス」がどのような活動をして売上・利益の向上に貢献するのかを紹介する。

2020年

2020年11月 CFO協会のウェブマガジンに記事を載せました。「FP&Aの最新トレンド」米国のFP&A支援団体AFPのウェブカンファレンスから、FP&Aのみなさんに役に立つ内容をピックアップしてお伝えしました。この内容で12月にウェビナーを行いました。http://forum.cfo.jp/cfoforum/?p=17018/

2020年8月 原価計算研究学会誌に論文が掲載されました。「CFO・FP&A組織のビジネスパートナー役割と企業業績への貢献について~日本企業の管理会計機能強化への適用可能性~」という議題です。内容はこちら

2020年3月 青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科後期博士課程 プロフェッショナル会計学研究年報13号に論文が掲載されました。

日本企業の管理会計担当者の役割は変化しているのか ~ビジネスパートナーとして企業業績向上に貢献する役割~

2019年

2019年11月 IMAのジャーナル Strategic Financeに論文が掲載されました。解説はこちらです。   LESSONS FROM CFO TEAMS IN JAPAN

2019年9月 兵庫県立長田高等学校の神撫会東京の広場で紹介されました。記事はこちら

2019年8月 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 EMBA (Executive MBA) 修了者でEMBA三田会を結成。ホームページを開設しました。EMBAでばビジョナリーと称して、2058年の地球の”大義ある未来”を思い描き、自分たちがやるべきことを考えました。わたしのやっているビジョナリーの実践を、ホームページに載せていただきました。記事はこちらです。

2019年8月16日 同志社大学 東京校友会通信 に載せていただきました。外資系企業子会社CFOの経験を活かし、日本企業の経営管理・管理会計のコンサルティングをさせていただいております。また、管理会計研究の学会でも発表させていただいています。記事はこちらです。

2019年3月 所属する青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科後期博士課程の紀要研究年報に、「CFOと経理財務部門が主管・関与する管理会計機能と営業利益率との関係性について」 (The Management Accounting Role of the CFO and Finance Function : Relationship with Operation Profit Margin)が掲載されました。論文はこちらです。

2019年 税務弘報 1月号 「CFOは経営者を支えるビジネスパートナー」記事はこちらです。税理士さん向けの雑誌で、「税理士さん、中小企業のCFOになってみませんか?」という特集です。税理士さんは普段から中小企業の税務のお世話をされているわけですが、クラウドソフトウェアの発達で、もう税理士さんに頼まない、という社長さんも出現していると思います。(わたしもそうです)。税理士さんは、経営・管理会計のコンサルティングもされたらいいのでは?という提案です。 ://www.chuokeizai.co.jp/tax/201901/zeimukoho201901.html

2018年

2018年 企業会計 10月号 「経理財務部員の事業部配置で業績向上を!」内容はこちらになります。http://www.chuokeizai.co.jp/acc/201810/index.html

2018年 プレジデント・ウーマン 6月号紙面、プレジデント・オンライン、プレジデント・ウーマン・オンライン 「英語+会計」で女性は世界中で戦える 
https://president.jp/articles/-/25912 h

2017年

2017年ISSコンサルティングホームページにて、CFO Round Table「ビジネスをドライブするファイナンス」企画にて、外資系CFOと対談 

2017年 講演とダイヤモンド・オンライン投稿:「会社の価値」と「自分の価値」を両方高める仕事のしかたとは? https://diamond.jp/articles/-/124420

2016年

2016年12月 ISSコンサルティング ビジネスをドライブするファイナンス https://www.isssc.com/special/interview/finance/1584

2016年3月 APU(立命館アジア太平洋大学)訪問時のインタビューをWebに載せていただきました。

2016年2月 キャリアインキュベーション CFOインタビュー 
https://www.careerinq.com/industry/cxo/interview/kellogg/006804.shtml

2014年

2014年 ダイヤモンド・オンライン投稿:外資系企業が人を成長させる理由~「心地よい」職場環境の仕組みと仕掛け  http://diamond.jp/articles/-/61798

2013年

経済界 2013年5月7日号(No.990)
ダイバーシティ経営はどこまで進んだか 会社を伸ばす”女性力”  ダイバーシティ経営を実践する多国籍企業で活躍する女性CFO  池側千絵(レノボ・ジャパン ファイナンス・ディレクター) http://www.keizaikai.co.jp/magazine/detail/990.html

2013年 旬刊経理情報 4月10日号 国境を越えたグループでの経理財務業務の管理

2001年

2001年 日本経済新聞夕刊 1月12日 上の娘を2000年12月12日に産んだあと、1月に日経新聞の記者の方が、東京から神戸に取材に来てくれました。「管理職なのに子供を産むなんて」ということで、当時まだ珍しかったわけです。同じ記事に、社長で二人お子さんを産んでいらっしゃる佐々木かをりさんが出てますね。記事はこちらに載せています。